想い



● アロハの心で新しい形のコミュニティ創造を目指します!

 

私はフラを通して、アロハ・スピリッツの素晴らしさを学びました。

アロハ・スピリッツとは、A・L・O・H・Aそれぞれの文字を頭につけた単語である、

「思いやり・調和・喜び・謙虚・忍耐」という意味が込められたアロハの心であり、

今という瞬間に心をおき、共に共存し経験を分かち合う喜びを相手に伝え、

心をつなげることの喜びの言葉として、古くからハワイで用いられてきました。

 

この心は昔から日本人が大切にしてきた心でもあると思うのですが、

今の日本では希薄になっていると感じます。

だから私は、ハワイアンフードやフラを通してこの心を取り戻したいと思うのです。

まずは自分の周辺から・・・

 

 

日常を忘れ、ゆったりとした時を過ごして頂きながら、

お客さまとスタッフ、また、初めて会ったお客様同士の会話が弾むような場となり、

『まちの保健室』となるようなサードプレイスを目指します。

 

※「サードプレイス」

  1つ目の場所「家(ファーストプレイス)」、2つ目の場所「職場(セカンドプレイス)」、

  そして、その中間にある3つ目の場所が「サードプレイス」 。

  都市生活者にはこの3つの居場所が必要だと言われています。

 

 

 

● まちの保健室って?

 

中学生の頃、何か困ったことがあれば保健室へ行ってました。

親友のピンチを救ったのも保健室。
 担任の先生と違って、保健の先生にはなんとなく相談しやすかったり、

あの空間がなぜか落ち着けたり・・・

 

カウンセリングの勉強をしだして、思い出したんです、こういう体験。

 

そして大人には、こういう保健室のような場所がないなーって思ったんです。

ふら~と立ち寄って、

今日あった嬉しかったことや嫌だったことをちょこっと話したりできる場。

家や職場以外で、そんな場所があればなんか安心できるよなって思ったんです。

 

『まちの保健室』とはそういう場所です。


ホーム店舗情報>想い